セカンドオピニオンで総合的に判断

second_opinion
HOME | セカンドオピニオン

不動産で把握すべきことはデメリット

パソコン・スマートフォンでの物件探しが主流の現在、1つの物件に含まれる50%はポータルサイトでイメージできます。ただそれは判断材料であって、決断には至りません。残り50%を埋めるのが不動産仲介業の役割で、お客様とディスカッションを重ねます。そこでお客様が一番知りたいのはネットでは収集できない生の情報。そのなかで、把握すべきことはデメリットなのではないでしょうか。お客様の「これだけは避けてもらい」を把握し、望む物件条件に近づけていきます。まずはポータル・口コミサイトを大いにご活用ください。

主観と客観、両方の意見を取り入れ判断

不動産は人の一生を左右する高額な取引です。お客様が候補に挙げた物件が本当に相性が良いのか、サインアップが第三者として意見をぶつけます。私自身、35年の住宅ローンでマンションを購入。契約段階で本当に購入してよいか葛藤しました。売り手・買い手を経験したことで、お客様目線でお話ができると自負しております。

 

住宅購入前に「第二の意見」を取り入れてみませんか?


●セカンドオピニオンとは‥
医療の分野の場合、患者が検査や治療を受けるに当たって主治医以外の医師に求めた「意見」、または、「意見を求める行為」。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくべきと言う考え方に沿ったものである。

ウィキペディア参照