◆ はじめての不動産売却 ◇

もし売却経験をお持ちでないなら、立ち位置を確認するリサーチが必要です。現状、該当する営業マンがいない場合、大手・中小・零細など3社以上に声をかけ、分からないことを質問しながら、相性のよい営業マンを探してください。つきなみですが、その経験がより良い不動産取引につながると思います。
 

こんな営業トークはNGかも

例えば、「広告掲載に間に合わせるには今日中に媒介契約(募集依頼)を頂かないと…」や「探しているお客様を抱えているので、すぐに契約できます」など、安直な営業トークでお客様の決断を急がせるような場合は即答しないのが賢明です。
医療の世界ではセカンドオピニオン(第二の意見を聞く)という概念が定着しています。ネットの情報に頼るのではなく、実際に売却を経験された親族・知人に相談し、第三者の意見を取り入れてください。もしそういった経験者がいなければ、当社をご利用ください。

 
住み慣れた家への思い入れをイラストにします
※専任媒介契約者の方に限り